ホームLinkIconエッセイLinkIcon エッセイ 2015年4月号

エッセイ



オペラ?声楽?(つづき)



前号でオペラは大前提声楽の一部で、オペラの簡単な定義とオペラ歌手とはを記した。そして声楽家・オペラ歌手ともいえる西野薫(八幡小同級生)その夫の藪西正道氏との関係をふれたところで終わった。夫妻はその主宰ケイアーツオフイスで若手声楽家の育成・出演の場の提供にてなりわっている。その一環で本興行オペラ公演を平成25年の「マスカーニ、カヴァレリア・ルスティカーナ」と26年の「プッチーニ、ラ・ボエーム」をクオーレドオペラと銘打ち行うことができた。できたというのは個人ベースが興業元で行うのがいかに大変かという意味を含む。私は幸い練習から本公演まで創られてゆく模様をつぶさに見る人生はじめての経験を得た。演目選びと出演者(歌手・演出家・稽古指揮者・本公演指揮者・稽古ピアニスト等)の選定は主催者の専決事項であり、力量そのものが大きく問われる。当たり前だがその筋の人脈が相当ないとできない。それが理解できると改めて常設のオペラハウスとはすごいものなのだとわかった。あと、当方は個人ベース的なので予算組との闘いになる。その予算の収支の達成は券の売れ具合によるので外れたら相当な赤字をかかえることになる。藪西氏いわく日本のクラシック音楽関係のへの政府系からの給付は対ドイツ・イタリアの数分の一位とのこと・・その少ない資金が文化庁などを経由して各プロオーケストラ、声楽関係だと新国立劇場・二期会・藤原歌劇団などに額はまちまちだろうが割り振られる。その少ない予算でさえ赤字財政の折柄絞られがちとのこと。

私は前出藪西氏に演者のギャラ、売れる切符の価格設定について真剣に質問した。結論を大雑把にいうとこの業界(特に声楽)ほど演者が自分にかけてきた労力(歌詞の記憶も含め)と得られる経済的果実が乖離しているものはないと!更に矛盾するのはオペラなどの愛好者は比較的高学歴で経済的に富裕なクラスであるのに拘わらず・・救いは高額な楽器を買わなくてもよいことだが、練習というかメンテナンス(年齢相応のマイナーチェンジが不可欠だ)を怠ると劣化がてき面とのこと。添えると、バイオリンに代表する弦楽器(弓も相応に高額)は億前後もするものがありレッスン費も高めで又ちょっと違う領域にあるそうだ。話を小転すると毎年全国の音大(音楽課程)を卒業する人々がおり、更に大学院にすすむ人もかなりいる(プロ演奏者として自活するにはやはり院に行くのが望ましい)。その後は最も安定的なのは教員(小~高・大学)になることだ。その他一応プロの演奏者を目指す見込みのない人は全く関係ない仕事に就く人も多い。

プロ声楽家になる見込みがあり更にオペラ歌手を目指し認められてゆくには私の考えるところ次なる一定の条件(関門を超えるには)が必要だ①歌の実力自体(気力・体力・精神性・言葉の記憶発音力)②薄謝の中でも生き抜いてゆく覚悟③人間力的バランス(多少の社交性を要す)。しかし実際は前記が十分に満たしてはいないが、思い捨てがたく継続し最終的には諦める(筆を折る)人々も多くいよう。

最後に「音楽」における「歌」とは何かの根源性を私なりに定義づけてみた。もちろん無くても生きてゆけるものである。「音楽」は一般大学の受験科目ではないのにずっと授業がある。ということは必要であるからだろう。何故か?音楽は情操を形成してゆく上で不可欠で、特に「歌」はいつ如何なる時でも(自らを楽器として)口ずさめ、個人また集団の心の中心・核となり得、鼓舞する力ともなってゆく。更には一瞬にしてその場の人々の心を捉えることができる。それは音楽の中でも「言葉」を含むという特質のたまものであるからだろう。