ホームLinkIconエッセイLinkIcon エッセイ 2015年1月号

エッセイ



オペラ?声楽?



世に「オペラ」というジャンルがある。「オペラ」とは通例「歌劇」といわれる。又「楽劇・喜歌劇」等の分類もある。世の人々には、声楽家のことをよく「オペラ歌手」と漠然と思い呼んでいる人がどうやら多い。事情がわかっている人は「声楽家」と呼ぶ。その「声楽家」の中に「オペラ歌手」が包含される。そんな風に思われるのは日本にオペラが根付いていない証拠だ。

声楽とは教会(宗教)歌曲、世俗歌曲(洋の東西)全般、特に日本の学校で教わったような歌は抒情歌とも言う。また、シューベルトの「冬の旅」に代表される歌曲集の歌などに分けられる。そして、オペラとは劇中で歌われる完全な歌(アリア)と語り調の歌(レシタティボ)、時に語りによってほぼ構成される。とにかくオペラを通しでやるのは大変だ。特に原語で(イタリア語・ドイツ語が殆ど)でやるとなるとイントネーションを含む言葉の習得(記憶)が不可欠で、修練・熟練・慣れのたまものでしかない。よって「私はオペラ歌手です」と当たり前に言える人は海外・国内のオペラハウス及び正規歌劇団の契約独唱歌手・正規団員位であり、日本ではそう多くない特別なキャリア訓練を受けた人である。さらに加えて「オペラ」は飛んだり跳ねたりほどではないが、かなり動きをつけ(時に少々のダンスをし)かつ、表情をつけながら歌うのだが、これがなかなか大変だ。はっきり言ってあまり運動神経のよくない人は声楽家にはなれても「オペラ歌手」にはなれない。こう書くと一般の人は「へぇーそうなの」と思われるだろうが、実際にそうなのである。よって私は(運動神経がかなり悪いので)若いころより専一にやっても「声楽家」にはなれても「オペラ歌手」にはなれないだろう。

しかし、演劇、ミュージカル(踊りはかなり重要)と違うのは歌唱力自体が超圧倒的であれば所作(演技)表情は二の次的となってくる。歌唱が超圧倒的・確固たるものであれば可とされるからだ。まあ、それ位の人は自ずと舞台に立つと最低限レベルの演技所作は出来るものであろう。稀な例では盲目のイタリア人歌手アンドレア・ボチェッリなどがいる。

しかし、どうしても所作に自身がないが歌唱力は自他共に認めるという人もおり、そういう人はいわゆる「リート(歌曲)歌手」としての一流を目指すしかない。ヨーロッパでは宗教音楽の需要(教会などで)がかなりあるので自活できようが、日本では至難の域であろう。著名なのは市川市出身の鮫島有美子、安田祥子、白井光子などが挙げられるが。
かく云う私はちょうど二年前より八幡小学校の同級生の声楽家西野薫とその夫藪西正道氏が立ち上げている素人のグループレッスンの会の一つに身をおいている。その西野薫は(現市川市在住)国府台女子学院から東京芸大・同院修了の後、イタリア留学を経て(藪西氏も芸大から同じようなコース)、声楽家のメジャーな団体である「二期会」に所属しつつ自身も演奏者として指導者として活動を続けている。 小学校時代は接触がなかったが、平成四年に夫妻が当社の斡旋で部屋を借りてから何かとお付き合いはしていたが(私の結婚式で歌っていただいた)、二年前に誘われて素人レッスン会(たまに個人レッスンも受ける)に所属してから加速度的に夫妻とは関係が深まっている。同夫妻はプロ筋の弟子が(声楽界でも注目されるほど)多い。音大受験指導より既に芸大院終了・二期会マスタークラス(原則三年制、各年で振落とし有)終了者(一応プロとして身を立てられる人々)が多数いる。同夫妻はケイ・アーツオフィスという音楽事務所を設立し音楽家の派遣・独自公演を行っている。前出の二期会とも連携をとっているが、完全独立系にて在野の声楽家にオペラを含めて活躍の場を創出している貴重な存在で、実は現在私の会社ビルの三階をミニスタジオ・練習場とし活動拠点にしている。(次号につづく)